HOMEトイレリフォームまめ知識その他 >トイレの介護リフォームのコツ

トイレの介護リフォームのコツ

介護リフォームのポイントはこれ!

 ●毎日何度も使う場所だから

  

居室や寝室からの移動距離がなるべく短く、何度も曲がらずに進めるような位置にトイレを

 

設けるのがベストです。

 

またトイレのドアは引き戸にするとドアの開閉時にもドアで場所をとられることがなくなります。

●介助者のことも考えて

 

便器周りや出入り口は適正なスペースを確保することが必要です。

 

利用する方の身体能力や、車いすなどを使用するか否かでトイレに必要な寸法は変わって

 

きます。

 

介助が必要な場合はしゃがんだり中腰になったりと、より広いスペースが求められます。

 

福祉用具も場所をとります。介助者にささえられての歩行も、間口が広いと無理な姿勢を

 

とらずに済みます。

 

トイレの間取りは出来るだけ大きくとり、省スペース型の便器で動作空間を確保することが

 

大事です。

●つまずきや転倒防止

 

 トイレの介護リフォームでは、出入り口の段差は重要です。

 

出入り口の敷居を下げたり、出入り口をフラットにすることで、車いすでの移動もスムーズに

 

なり、また、つまづいての転倒事故を防ぎます。

 

和式便器の場合だと立ち上がりの動作が大きくなります。

 

負担軽減のため、洋式便器への取り替えも考慮したほうがよいでしょう。

 

もしくは、特別な工事ではなく、洋式便器の上に置いて高さを補う福祉用具などの利用や、

 

和式便器の上に設置して簡易な洋式便器に変更する方法もあります。

 

また、適切な場所への手すりの設置や、暖房を設けて温度差を解消するなどの方法も

 

あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOTO 

 

住宅用システムトイレ

 

「レストパルF」