HOMEトイレリフォームまめ知識その他 >職場のトイレは別の目的でも使用

職場のトイレは別の目的でも使用

面白いアンケート結果が

 

トイレの使用目的とくれば、当然「排泄」。

でも、トイレの個室はドアを閉めれば、極小であれど、究極のプライベート空間と化します。

幼児期のトイレトレーニング時代はいざ知らず、その時期を過ぎてしまえば、腰のかけ方、拭き方、流し方など千差

 

万別となっているに相違ありません。

ここに面白いアンケート結果があります。 世界約100ヵ国で、ティッシュやオムツなどの衛生用品を展開している

「CSAグループ」が、米、英、中国などの計13ヶ国の男女約1万3500人を対象に衛生環境の意識調査を実施し、

 

その一環で「職場でのトイレの使用目的」についての質問をしたところ、

 

1位:排泄(81%)          2位:手洗い、歯磨きなど(46%)  

3位:携帯電話での通話(24%)    4位:着替え(22%)

5位:メールなど(19%)       6位:メイク直し(15)

7位:1人でボーっとする(15%)     8位:ストレス発散のための休憩(11)

9位:誰かと大事な会話をする(10%) 10位:雑誌や本などを読む(9%)

 

という結果になりました。

 

1位から7位までは無難ですが、それ以下を見ると人は実にトイレでさまざまなことが行われて

 

いるようです。

 

ベストテン圏外では泣く、パソコン作業、プレゼンのリハーサルなどの行為も。

 

トイレの清潔さは国によってバラつきがあり、中国やブラジルでは公衆トイレは汚いので使用

 

したくないと回答しているそうです。

 

一方、日本のトイレの清潔さや機能は世界随一といってもよいくらいの環境。

 

きれいであるがゆえに、トイレがトイレ以外の目的で使用されるということになるのかもしれ

 

ません。