HOMEトイレリフォームまめ知識ことわざ >江戸で目立つものは伊勢屋、稲荷に犬の糞

江戸で目立つものは伊勢屋、稲荷に犬の糞

江戸時代はリサイクルを極めていた時代

江戸時代はリサイクルが徹底していました。

 

物が不足していたため大事に使い壊れれば修理して使い、安易に捨てることはありませんでした。

 

カマドの灰は衣類の染料になるため、業者に引き取られ、蝋燭の使い残りはロウは敷居の滑りをよくすると

 

いうことで、建具職に納められました。

 

江戸の街は落ちていて使えそうなものは行商人が片っ端から拾ったため、ゴミが落ちていませんでした。

 

馬糞も干して燃料となったのです。

 

「江戸で目立つものは伊勢屋、稲荷に犬の糞」といわれたのは、

 

犬の糞はさすがに使い道がなかったためだそうです。

 

人間が使ったトイレの落し紙(今でいうトイレットペーパー)も再利用されました。

 

江戸時代は、人糞は貴重な肥料であり、長屋の大家さんにとっては人糞を売って店賃以外の収入源と

 

していました。

 

しかし、今のように水で溶けてしまうような紙質ではありませんでした。

 

紙は容易に土に吸収されないため、紙を落とされては困ります。

 

そのため、トイレには頭上にザルが下がっており、使用した紙はそこに入れられ、紙屑買いに売られます。

 

使用された落し紙は漉き返され、再び落し紙となるのです。

 

江戸時代はリサイクルを極めていた時代であったのです。