気配り

気配りとメンテナンスは、快適なトイレ空間の基本

快適なトイレとは、使いやすくかつメンテナンスがしやすいことが大原則です。

 

それはトイレを作る人、所有する人、使う人の三者の連携によって初めて実現されます。

 

いくら費用をかけて立派なトイレを作っても、作りっぱなしで手入れをしなければ、せっかくの設備も台無しに

 

なってしまいます。

 

逆に、古いトイレであっても、行き届いた手入れと心遣いがあれば、利用者もきれいに大切に使おうという

 

気持ちになるものです。

 

トイレに飾られた一輪の花に心が和み、お香や香水のアロマの香りに気分もリフレッシュされます。

 

トイレが単に用足しの場所で終わらせないためにも、気配りとメンテナンスは、快適なトイレ空間の基本なのです。