トイレの節水

やりすぎは禁物

 

環境問題がクローズアップされ、すっかり定着した「節水」。

 

比較的手軽にできる環境保護と経費削減ということで、いろいろなところで行われています。

 

当然、トイレにおいても、節水は無駄な水をカットするという点からとても大切なことです。  

 

しかし。何でも節水をしてしまえばよいというわけでもありません。

 

特にトイレは、水をたくさん使う場所であり、できるだけ節水をしたくなるのが人情というものです。

 

しかし、あってはならないことですが、時として設計ミスにより排水管に水や汚物が流れるための十分な勾配が

 

ないことがあります。

 

そうであれば、節水をすることで、流れるものも流れなくなりトラブルが発生してしまいます。

 

そうでなくとも、トイレはキッチンやお風呂とは違って唯一排水管に固形物を流す場所のため、排水管やその他の

 

ことも考えて節水を実施する必要があるのです。

 

排水管が詰まれば、それに伴う工事費用が発生します。

 

どちらがお得か、ストレスがないかを考えれば・・・。

 

何事もほどほどに、やりすぎは禁物ということになるのです。

おすすめ商品

INAX サティス

TOTO ネオレスト