HOMEトイレリフォームまめ知識歴史 >便座にふたが付いている理由

便座にふたが付いている理由

欧米では、ふたなし便座が多い

昔、水洗いの設備がなかったころは便器(おまる)は部屋の中にもおいていたために、匂いを防いだり、

体裁をよくするためにふたが必要でした。

 

欧米ではもともと便器のまわりを囲っていすのようにしており、いすの座面が便座のふたになっていました。

 

ところで欧米のトイレは風呂や洗面台と一緒になって「バスルーム」と言われています。

ここで水回りのことから身づくろいまでいろいろなことを行うため、便器にふたをすれば、座って化粧をしたり、

靴の紐を結ぶなどもできます。

 

英語の「STOOL」は背もたれのないイス、という意味と同時に腰掛け便器のことを意味しています。

 

ただ、欧米でもトイレのみが独立している公共のトイレは、ふたなしの便座が多いそうです。

 

現在の下水施設の発達し、独立したトイレが大半の日本においては、便器のふたが必ずしも必要なわけでは

ないようですが、用を足す以外にはふたをしておいた方が見栄えがよいし、便器の中に誤ってモノを落としてし

まう心配も減って安心です。

                INAX サティスSタイプカラーズ