HOMEトイレリフォームまめ知識歴史 >トイレの呼び名あれこれ

トイレの呼び名あれこれ

江戸時代にはすでにトイレの代名詞

私たちが日ごろ「トイレ」と呼んでいる場所ですが、さまざまな呼び名があります。

 

例えば外出先のトイレに入口には「化粧室」、「便所」、「WC」などと書かれています。

 

また「厠」「雪隠(せっちん)」「手水(ちょうず)」「憚り(はばかり)」「御不浄(ごふじょう)」など、

 

小説や時代劇などで目や耳にしたこともあるかと思われます。

 

隠語も加われば、トイレの呼び名はそうとうな数に上ります。

 

例えば ・「あくば」・・・灰汁場、灰場、芥場などと書き、岩手県や青森県で使われました。

 

囲炉裏から出た灰と小便を混ぜ合わせ肥料を作る必要性から、小便と灰を同じ所に蓄えた方が

 

合理的と考えて使われたのです。

 

・「高野山(こうやさん)」・・・高野山金剛寺で使われた一種の水洗トイレで、そこから転じて江戸時代

 

にはすでにトイレの代名詞になっていました。

 

また、剃髪して僧になる「髪を落とす」とトイレで「紙を落とす」をかけた洒落ともいわれています。

 

このトイレの構造は、井戸の水がまず台所に排水され、その余り水がトイレの下に流され、糞尿とともに

 

川に排水されるようになっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

TOTO GG